従軍慰安婦問題の深層 太陽光発電のすごさ

太陽光発電はすごいですね。
なにしろエコな上に、電気代の節約にもなる。
場合によっては電気を売って現金収入も。

国や自治体の補助金も充実してきました。
時代は太陽光発電ですね。

今流行りの太陽光発電 エコ・お得・安心 国や地方自治体も補助金でクリーンエネルギーを応援


従軍慰安婦問題の深層、まだ奥が深いですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000011-rcdc-cn
韓国が元慰安婦の証言を英語に翻訳、日本の「性暴力」を世界に知らせる狙い―韓国メディア
Record China 6月4日(火)11時0分配信


2013年6月3日、韓国・聯合ニュースによると、旧日本軍による従軍慰安婦問題を世界に知らせるため、韓国の翻訳家らが手を組み、元慰安婦から集めた証言を英語に翻訳する作業が進められている。中国新聞社が伝えた。

翻訳専門家と英語監修者、市民活動家ら4人で構成されたグループは昨年12月から翻訳作業に着手。完成された英訳証言集は韓国挺身隊問題対策協議会(慰安婦問題対策協会)や各大学の研究センターに配布される。同時に書籍として出版される予定だ。同グループはまず元慰安婦10人の証言の英訳を目指すという。

慰安婦問題対策協会の関係者も「これまで元慰安婦の証言を外国語に訳した資料はなかった」と話し、この英訳資料に大きな期待を抱いている。4人はさらに海外の組織とも協力して、他国の元従軍慰安婦の証言も収集していく。翻訳家の朴(パク)さんは「現在世界各地で発生している戦争での性暴力も今後明らかにしていくつもりだ。同じ志を持つ人たちと力を合わせていきたい」と話している。(翻訳・編集/本郷)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130608-00000015-xinhua-cn
韓国元従軍慰安婦の口述集、米国で英語版を出版へ―中国メディア
XINHUA.JP 6月8日(土)15時51分配信

韓国紙・中央日報は7日、今年2月に出版された韓国の元従軍慰安婦による口述集の英語版が米国でも出版されると報じた。中国新聞網が伝えた。

韓国政府所属の「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者などに対する支援委員会」が6日、明らかにした。口述集は「聞こえますか?12人の少女の物語」。韓国の元従軍慰安婦12人と彼女たちを支援してきた人権活動家の声がまとめられている。

翻訳は米ニュージャージー州にある韓国系の「Media Joha」が担当。韓国人の大学教授、留学生ら6人が翻訳に参加する。今年11月までに翻訳作業を完了させ、約1万冊を米国全土で出版する予定。

同委員会は2004年に発足。その翌年から2年の歳月をかけて元慰安婦から真実の物語を聞き出した。今年2月に初の口述集として出版されている。
[PR]

by purplered | 2013-06-09 02:34